MENU

歯の細い方にOAMインプラント

「インプラント治療を受けたいけれど、骨が細く痩せていて難しい。」
「なるべく骨を削らずにインプラント治療を受けたい。」
「安全な方法でインプラント治療を受けたい。」

このような方には大口式OAMインプラント法はいかがでしょう?
今までのインプラント法はドリルで骨を削り穴開けをして、その穴にインプラントを埋め込む方法でした。この方法ですと、アゴの骨が狭い方やアゴの骨が痩せている方ではどうしてもGBR(骨移植)などの難しい治療が必要でした。
OAMインプラント法を利用しますと殆んどドリルを使用せずに、骨を拡げることでインプラントを埋め込むことが可能になります。
たとえば、骨の幅が3mm程度の患者さんでも直径4mmのインプラント(インプラントの方が太い!!)を埋め込むことが可能です。
大口式OAMインプラント法は早い・安全・安心・最新のインプラント法といわれています。

大口式OAM法で細い骨にインプラントをした症例

インプラントの手術前


骨の幅は2ミリほど(1メモリが2ミリです)


削らずにゆっくりと骨を広げながらインプラント床を形成しました。
削るとこのようにはできません。


インプラント埋入中


直径4.1ミリのインプラントを入れることができました。


完成(きれいにできました)

COPYRIGHT©2017 医療法人 晃司歯科医院 ALL RIGHTS RESERVED.