MENU

歯がない所に外れない歯を入れる 「インプラント」

最近の世界の傾向として、「歯がない所に、歯をつくる」治療法としては、まず、『インプラント』が選択されます。インプラントとは、歯がなくなってしまった部分に、第2の永久歯ともいえるチタン製の人工の歯を植えることにより、もとの自分の歯と同じように食べ物を咬める様にする治療方法です。 
インプラントは、しっかり咬めますし、違和感もありません。また、ブリッジなどのように、まわりの歯を削らずにすみますし、まわりの歯に力をかけることもありません。それどころか、インプラントが力を受けることで、まわりの歯の負担を減らし、長持ちさせます。最も望ましい治療方法です。
保険はききません。大阪市淀川区の晃司歯科医院でのインプラント治療の費用は1本あたり27万円~(税別)です。ただし、正式な手術内容や費用などは検査・診断を行った後に決定されます。

従来の治療法とインプラントの違い

1.歯が中間で1本抜けた場合(ブリッジ)

隣の健康な歯を削りブリッジします。健康な歯まで削るのいやですね。

2.歯が中間で2本抜けた場合(ブリッジ)

抜けた2本の歯の大きな咬む力を支えるため、数本の健康な歯を削りブリッジします。支える健康な歯は大変ですね。

3.奥歯が数本抜けた場合
(局部床義歯=部分入れ歯)

取りはずしの入れ歯を作り、バーを左右に渡して固定します。さらに止め金で固定します。口の中にバーや止め金の異物は不快ですね。

4.歯が全部抜けた場合
(全部床義歯=総入れ歯)

全部に床のついた入れ歯を装着します。顎の骨が退縮すると入れ歯が不安定になりやすくなります。何とか動かないようにならないものですかネ。

1.歯が中間で1本抜けた場合

インプラントは隣の健康な歯を削ることなく植立し人口歯を取付けます。自分の歯と区別がつかない位、治療の跡がわかりません。

2.歯が中間で2本抜けた場合

抜けた数だけインプラントを植立できます。インプラントは顎の骨にしっかり固定されているので強い力で噛むことができます。

3.奥歯が数本抜けた場合

数本のインプラントを植立し、インプラント同士を連結します。入れ歯を固定するバーや止め金が不要となり、口の中がスッキリし、口臭も減ります。

4.歯が全部抜けた場合

数本のインプラントを植立し、連結された維持装置に入れ歯を固定します。入れ歯が安定し口の中で動いたり笑ったときに飛び出したりすることはありません。

インプラントについて

(1)インプラントとは
歯がなくなってしまった部分の骨に、チタン製の歯根を植立する手術を行い、固定の冠をかぶせて歯を作ったり、半固定の入れ歯を作るなどする治療方法です。
(2)インプラントの長所
①前歯をインプラントにすると、美しく前歯が再現されます。
②奥歯をインプラントにすると、しっかり咬め、違和感もありません。
③まわりの歯を削ったり、まわりの歯に余分な力が掛かったりする事がありません。
④インプラントが力を負担することで、まわりの歯を長持ちさせ、守ります。
⑤つまり、歯がない所に歯を作る最も望ましい方法なのです。
(3)インプラントの短所
①手術が必要です。
②保険はききません。晃司歯科医院では25万円~(税別)です。
③身体に異物を埋め込むわけですから、まれではありますが、炎症がおこり、撤去しなければならない可能性もあります。ちなみに、5年もつ可能性が95%、10年もつ可能性が90%です。
④長持ちさせるためには、咬み合わせのチェックとメンテナンスのため、定期健診をお勧めいたします。
(4)インプラントを長持ちさせるためにマイナスの要素とは?
①ガン等で放射線治療を受けた経験のある方や、免疫系の病気又は免疫療法を受けたことのある方は、インプラント治療はできません。
②喫煙、アルコールや砂糖の多量摂取、歯ぎしり、くいしばりなどは、マイナス要素です。

COPYRIGHT©2017 医療法人 晃司歯科医院 ALL RIGHTS RESERVED.